サイト監修

医療法人社団友成会 タマガワ矯正歯科クリニック
広島市南区京橋町1-2 新京橋ビル4階

予約はこちら
予約はこちら

広島県広島市南区のタマガワ矯正歯科クリニック監修。子供から成人まで、歯並びや噛み合わせでお悩みの女性のための歯列矯正情報。

20代の歯列矯正

Q&A

求人のご案内

歯列矯正をしている20代女性は、こんな人

歯列矯正は、歯並びや顎のバランスが整うだけではありません。

美意識に関心の高い20代の女性は、より好印象な顔立ち・美しい口元になりたいと、歯列矯正で歯並びを整えています。

何より、歯並びのコンプレックスが無くなると、口元を気にせず笑えますので、心身ともに前向きに、明るく生まれ変わります。

矯正中も装置が目立たないようにしたい

おしゃれに敏感な女性は、矯正中はどうしても口元が気になるものです。

「笑った時に矯正装置が見えるのが気になる。」というような方には、透明に近い矯正装置や、歯の裏側に取り付ける矯正装置などもあります。

口元を気にせず人前で笑顔を見せることができます。

20代の歯列矯正に関するデータ

成人患者の男女比

  • 正常咬合 74.0%
  • 不正咬合 26.0%

男性に比べて、女性の方が歯列矯正に関心が高いということが分かります。

(広島矯正歯科医会 調査)

20代の女性が矯正治療を受けて、きれいな歯並びになりました

引っ込んでいる2番目の前歯を治した女性の例 交叉咬合

この写真は特定の方の治療例です。その方の初診時の症状により歯並びの治療結果は異なります。

上の2番目の前歯が引っ込んでいるために、下前歯と接触しています。この様な逆の噛み合わせを交叉咬合と言いますが、見た目には2番目の歯が影になり黒く見えます。上下前歯が食事などで削れることもあります。顎位がずれることで、噛み合わせがしっくりこない場合や顎関節に悪い影響を及ぼすことがあると考えられています。

前歯の噛み合わせも見た目も良くなりました。噛み合わせのバランスも良くなっています。

歯並びの治療後に色と形を治した女性の例 叢生と交叉咬合

この写真は特定の方の治療例です。その方の初診時の症状により歯並びの治療結果は異なります。

上右側の前歯は神経を取っているため変色しています。2番目の歯は一般的な歯よりも小さく、また先が尖って変形な形をしています。前歯全体の噛み合わせが深く、交叉咬合もあります。噛み合わせが深いと食事などで前歯が強く接触するために、年齢とともに歯が削れたり、破折することが考えられます。

矯正治療後に前歯は補綴処置を行っています。矯正治療で歯を移動しないで補綴処置を行う場合は、歯の根を適正な位置に移動していないために、歯肉のラインが揃居づらく、神経除去処置を行うことにより歯や歯周組織への負担が考えられることです。

上の前歯2本の出歯を治した例 上顎前突

この写真は特定の方の治療例です。その方の初診時の症状により歯並びの治療結果は異なります。

奥歯の歯列が狭くて、上下前歯が前方に傾斜している場合には、歯列を拡大することで歯を抜歯しないで前歯を後方に引っ込めることができます。引っ込める量には限界があります。また成人の歯や元々歯幅が大きい場合には、IPR(歯をわずかに削ってはの隣接面をわずかに削る処置)でスペースを作り、これを利用して前歯を後退する方法があります。

抜歯をしないで出歯を改善した例ですが、抜歯治療に比べれば前歯の後退量は少なくなります。口元の突出感や骨格的な不正度により、抜歯が必要になることもあります。さらに抜歯治療でも不正の程度によって抜く歯の場所は変わります。この例では、上下前歯の突出感がなくなり、前歯の噛み合わせも良くなりました。さらに口唇の突出感も改善されました。

PAGE TOP