サイト監修

医療法人社団友成会 タマガワ矯正歯科クリニック
広島市南区京橋町1-2 新京橋ビル4階

予約はこちら
予約はこちら

広島県広島市南区のタマガワ矯正歯科クリニック監修。子供から成人まで、歯並びや噛み合わせでお悩みの女性のための歯列矯正情報。

見えない矯正

Q&A

求人のご案内

見えない矯正(舌側矯正)

見えない矯正は、歯の裏側に装着して歯並びをきれいにする装置で、「リンガル矯正」、「裏側矯正」とも呼ばれています。

歯の裏側に正確に装置を装着し歯をコントロールするには、独自のシステムが必要になります。

そのため、矯正歯科を選ぶ際は、舌側矯正装置での治療経験が豊富で、この装置に対応する診療システムとドクターおよびスタッフの経験と技術が豊富な矯正歯科医院での治療が望ましいでしょう。

見えない矯正治療の特徴

最近の裏側装置(STbなど)は、従来の約半分の大きさで、丸みを帯び、小さく、さらに薄くなっています。そのため、舌への違和感や発音への影響は大幅に軽減されています。装着直後は多少気になるようですが、次第に慣れ、ゆっくりしゃべることで発音は解決できます。

一般的には2~4週間で慣れてきます。何も気にならない方から多少不自由を感じる方まで個人差はありますが、9割以上の方は日常的には問題無いようです。
見えない
歯の裏側(舌側矯正)に装置を装着するから矯正期間中に装置が見えない。
快適
非常に小さく薄い歯科矯正装置ですので話しやすく、食事もしやすい。また、丸みを帯びたデザインで、従来のものより違和感が少なく快適で、歯磨きがしやすい。
速い
従来のものより歯への負荷が10分の1と軽減され、痛みが少なく、また摩擦抵抗の軽減により早く歯が移動します。

「見えない矯正」と「表側の矯正装置」を比べると

費用
裏側装置の方が表側の治療費に比べて1.5倍ぐらい高いのが一般的なようです。表側の装置と違い、裏側の治療では装置自体を患者さんの歯に合わせてカスタマイズし製作するため、その分費用がかかると考えて下さい。
治療期間・治療結果
治療結果は、治療を受ける診療室の舌側装置での治療経験や技術により、治療結果には違いがあります。
治療期間は舌側装置も表側矯正もほとんど変わりはありませんが、不正咬合の状態や患者さんの協力度によっては、表の装置よりも長くなることもまた短くなることもあります。
虫歯のなりにくさ
裏側の装置は、唾液の分泌の大きい歯の裏側に装着するため、虫歯になりにくいという報告があります。
このため、歯の表にカリエスができることはありません。しかし、歯の裏側の装置は、表の装置と同じように丁寧に細かく歯磨きを行う必要があります。

「見えない矯正」と「マウスピース型矯正装置」を比べると

「マウスピース型矯正装置」は、「アライナー」、「インビザライン」、「アクアシステム」等と呼ばれているマウスピースを使用し、歯にかぶせることにより歯を移動する矯正装置を総称した治療法です。

この装置は、透明で目立ちにくく、さらに取り外しが可能です。これまで「歯並びを治したいと思っていたけど、歯に従来のような矯正装置を装着することに抵抗のあった方や、今一歩踏み出せなかった方」にも安心して始めていただける装置です。

歯が動く原理は、動かしたい目標の位置に歯をセットした歯型模型に合わせて、マウスピースを作製します。そのマウスピースを歯にかぶせるように装着します。すると、今の歯の位置とマウスピースのわずかなズレによる移動力が歯にかかります。この力でゆっくりと歯が動くわけです。
このマウスピースを数個から数十個、治るまで使用します。マウスピースの装着時間は、毎日20時間が目安となります。

適応は、どちらかと言えば比較的治療の簡単な軽度のものです。
治療期間は半年から2年以内が目安です。
通院は2~4週間に一回程度。治療費は通常の表側の装置よりも高めになる場合が多いようです。

マウスピース型矯正装置の利点
  1. 装置がほとんど目立ちません。
  2. 取り外し式なので、歯磨きが簡単、食事中装置の違和感がありません。
  3. 金属アレルギーのある方でも使用できます。
マウスピース型矯正装置の欠点
  1. 治療効果は、患者さんの協力によりますので、マウスピースを計画通りに装着されない場合には、思い通りに歯が動かないことや、それにより治療期間が長びくことになります。良好な治療結果のためには適切に使用することが必須条件です。
  2. 歯並びや噛み合わせの不正度が悪いほど、マウスピース型矯正装置だけでは治療効果は低くなる傾向があるといわれています。

抜歯ケースや中程度以上のケースで、「マウスピース型矯正装置」を希望される場合、通常の表装置や見えない裏側の装置とマウスピース型矯正装置を併用して治療することにより、治療効果を高めることができます。

ご自分に「マウスピース型矯正装置」が向いているかどうかお知りになりたい場合には、ご相談下さい。

見えない矯正は、こんな方に向いています

見えない矯正装置は、ほとんどの不正に対し治療可能です。最初から矯正装置が目立たず、またガタガタの前歯が1年もたたないうちにそろえば、治療期間中、あなたは普通に笑って話してもコンプレックスを感じずに裏側の治療のメリットを受けられます。

内側の装置の歯の移動特性として、出っ歯は、前歯が引っ込みやすく、また、表側の装置での治療難易度の高い開咬では、舌前方突出癖を抑制する内側装置の働きにより前歯が噛み込みやすく治療結果が安定しやすいという報告もあります。

舌側矯正治療例

舌側矯正治療例(1)

舌側矯正治療例(2)

舌側矯正治療例(3)

PAGE TOP