サイト監修

医療法人社団友成会 タマガワ矯正歯科クリニック
広島市南区京橋町1-2 新京橋ビル4階

予約はこちら
予約はこちら

広島県広島市南区のタマガワ矯正歯科クリニック監修。子供から成人まで、歯並びや噛み合わせでお悩みの女性のための歯列矯正情報。

Q&A

Q&A

求人のご案内

歯列矯正のQ&A

矯正治療を始めるにあたってホワイトニングを行いたいのですがどうでしょうか?

ホワイトニングは薬剤を歯の表面に塗布し、歯の表面や中の色素を分解して歯を白くすることです。これを行うには2つの方法があります。診療室で行うオフィスホワイトニングは、通常1回45分を1~2回行う方法で、家庭で行うホームホワイトニングは就寝時に歯にトレーを毎日装着し2週間つづける方法です。ホワイトニング後には「色素の強い飲食物の摂取を避ける食事制限」や「痛みが出る可能性がある」ことは、ホワイトニングを行う前に知っておく必要があります。ホワイトニングにより痛みの原因となるものには、虫歯、歯周病、咬合過剰や摩耗により歯に亀裂が入っている方、知覚過敏などがありますが、矯正治療前にはこれらの治療がきちんと終わっている必要があります。
もちろん妊娠中と無カタラーゼ症の方ではホワイトニングはできません。

ところで、矯正治療を行う直前のホワイトニングは矯正治療上問題ありませんが、歯にブラケットが装着している矯正治療中は、ホームホワイトニングで使うトレーが装着できなくなるため、家庭でホワイトニングを行うことはむずかしくなります。見えない矯正装置で治療している場合には、歯の表に薬剤を塗布するオフィスホワイトニングは可能です。ただしホワイトニングの薬剤は矯正装置の歯との接着力を弱める可能性があるようです。また、ホワイトニング効果の持続期間は6ヶ月から1年が目安ですので白い歯を保つには定期的なメインテナンスが必要になります。

最後に、前歯・奥歯に補綴物が入っている方は、矯正治療前に治療してある補綴物を矯正治療後に、作り直しを行う必要があります。これは不正な歯並びに合わせた補綴物を矯正治療後の歯の位置に合わせるためです。特にホワイトニングのために前歯の色調改善(人工の歯を白くする)をする場合には、矯正治療後にさらに再び補綴物を作り直す必要がでる可能性があるので矯正治療後に処置されるほうがよいかもしれません。

成人の矯正治療と子供の矯正治療では、どのような違いがありますか?
子供は、顎の成長を抑制、あるいは促すことで、骨格面での矯正と、歯並びの両方から治療することができます。一方、成人は、骨の成長が止まるため、歯の移動で治す方法しかありません。
また、成人の場合で歯周病にかかっている方は、まず歯周病を治療した後に、矯正治療を行うようになります。
かぶせた歯があったり、歯が何本か抜けていても矯正治療は受けられますか?
かぶせた歯があったり、何本か歯が抜けていても矯正治療は受けられます。
子供の悪い歯並びが自然に治ることはありませんか?
成長期に顎の発育が良いと歯の位置が自然に動き、歯並びが改善される場合もあります。しかし、逆にもっと悪くなってしまう場合もあります。
矯正治療が必要か、いつ始めたら良いかについては、矯正歯科医に相談しましょう。
矯正治療では歯を抜く場合もありますが、健康な歯を抜くのに問題はありませんか?
矯正治療をする上で必要な場合のみ抜歯を行いますが、抜いたすき間は治療で閉じます。
さらに、歯並びと噛み合わせを整えるため、歯を抜いた場合でも問題はありません。
歯列矯正の治療期間はどのくらいかかりますか?
子供の場合は、開始時期や症状により治療期間は変わります。およそ1年から数年です。
成人で1年半から2年半が治療期間の平均ですが、状態によって変わってきます。
歯列矯正は何歳頃から始めるのが良いのでしょうか?
矯正治療に年齢制限はありません。何歳から初めても矯正治療は可能です。
子供は顎の成長があり、歯も早く動きます。また、矯正装置にもなじみやすいようです。
歯列矯正は痛くありませんか?
装置をつけた後は数日間、歯が浮いたような痛みが少しあります。虫歯のような強い痛みではありませんので心配はありません。
勉強や仕事ができないようなことはありません。
PAGE TOP